アロハなココロで綴る     happydays
by cam-aloha-life
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:ビューティ( 4 )

自分で カルジェル
ひまちんにかまけて

久しぶりにカルジェルをしてみました。

おうちで。

テレビ見ながらのんびりできるので、

簡単なやつなら、家で自分でカルジェルるほうが好き。

カルジェルをする=カルジェルる。

言うかな。言わないな。

b0133476_17303958.jpg


b0133476_173184.jpg


塗るのは左のが上手にできたけど、
石の並びは右のほうがかわいくできました。

ピンクのラメに、ゴールドの石は、以外にめだたなかったです。

ピンクのラメが強すぎましたね…。

でもま、これで1か月ほどは爪のことは考えずに

日々がすごせるってことで。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-11-26 18:29 | ビューティ
紫外線を浴びると、 むくむ?
のたのたと過去のVOCEを読んでいたら、

紫外線をあびると、リンパの働き? が鈍くなって
むくみやすくなるのだ、

という記事を読んで

まーじーでー?

と思ったのです。

こう、毎度毎度、

代謝が悪くなるとむくむ、

むくむまないようにするには冷えは大敵、

みたいなことで、

わたしは、

あっためるお茶飲んだり
靴下はいたり
スティーマという遠赤外線ドームにはいってみたり
ゲルマニウム温浴につかってみたりと


さまざまなことを頑張ってきましたが

脚にはいつも、ボコボコセルライトが波打っている状態で

どうしたもんだか、と思っていたのですが

これは紫外線!

だといわれると、納得です。

サーフィンで日焼け日焼けの人生で、

日焼け止めはべたっとするから、塗れてなくて
日常的にも日焼けしているし、

ああ、だからむくみがまったくとれないのね…と

思ったのですが、

でもさーあー

お日様を感じられないままむくみなしで生きるのと
お日様を感じながらでもむくんで生きるのと

どっちかしか選べないのは、

けっこう悩ましいです。

お日様は、きもちいいです。

昨日のお天気雨なんて、

もう30分くらい、ながめちゃいました。

空が青いのに
じゃんじゃん振りの雨って不思議。

それを

どうしたもんだか、って

駅のガード下で空見上げながら立っている人たちを

こっちがわから見ているのも、

なんか、

おもしろかったです
b0133476_18223018.jpg


雨なのに明るい街のかんじ
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-10-28 18:23 | ビューティ
湿度100パーセントの事務机
b0133476_093777.jpg
浄水をタンクに満たし、スイッチを入れると、スチームを発生させる美容器具がある。

構造は、アイロンの「スチーム」という状態によく似ている。
原理としては、火にかけられたアイロンに近い。

200mlほどの水が、加熱によってスチームになり、程よい噴射圧で放出される。

私が購入したもののひとつは(メーカー違いで2台持っている)プラチナ という、
女性にとっては高級ジュエリーをイメージさせる名前がつけられた、
肌細胞の働きを高める「ナノ微粒子」を含むスチームを発生させる、というものである。

そのスチームに、「ただの水の蒸気」とどれだけの違いがあるかは
いまひとつ謎に包まれている。

女性なら誰でも気付いていることであるけれど、
高価な化粧水でなくても、たとえば水道水でのパッティングや
コットンパックでも、水分は充分肌に潤いを与える。

コスメティックは「夢」や「気分」や「それ以上の付加価値」を加えたものであり、
「保湿」の第一段階とすれば、たとえそれが「ただの水」であっても、
充分価値があるだろう。

もちろん、その水が劣化していたり、肌にダメージを与える、たとえば毒素的なものが
混入していればこの限りではないが、「浄水」であれば、安心に充分かと思う。

つまり、このスチームは、湯気より細かくて気持ちいいというだけで充分の価値がある。


事務所でパソコンに向かうとき、私はこれを傍らに置き、
まず右から、そして左に、と移動させ、
顔まわりにずっと蒸気がある状態にしている。

スチームの熱気は瞬時に冷えてしまうから、
スチームサウナほどの力はないものの、
作業をしながら顔が温かいというのは、不思議な感覚でありつつも気持ちいい。

書類の文字が水滴でにじむ、
この湿度でPC機器は問題ないのだろうか、
という疑問は浮かぶが、
今のところ、大きな問題はないようだ。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-21 00:10 | ビューティ
日にあたらない生活
美白 という美容用語は もはや
「美しくなるためにするべきこと」として女性の通念事項になっている。

肌の色を焼けさせない、しみやそばかすなど肌に黒点をつくらない。

そうして陶器のような、生まれたての赤ちゃんのような、
にごりのないキメ細やかな肌を目指す。


年に数回ハワイへでかけ、
サーフィンをする私は、逆行している、といってもいい。

仕事柄、取材で美容の体験をさせていただくときにも、

乾燥しすぎていると、驚かれ、しかれることもしばしば。

そんな私が、
現状維持と、超乾燥のために使っているもののなかから
よかったものを紹介したいと思います。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-20 11:01 | ビューティ