アロハなココロで綴る     happydays
by cam-aloha-life
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひとつ66セントのマラサダが教えてくれたハワイのくらし
「帰りにレナードによりましょうか」

その人はサーフガイドを生業のひとつとしている人で、
ハワイでの短い滞在の1日を、わたしはその人のガイドでサーフィンをして過ごす。

彼は1日にひとり、もしくは1組しかガイドを請け負わないから、
毎回ひとりでサーフィンをする私は、
朝、彼の車で海にいき、海に入り、ふたりでランチを食べ、また海に入って午後を過ごす。


何度かそういう時間を過ごし、すこしだけ仲良くなったとき、
レナードのマラサダはおいしいよね、という話になった。

マラサダは揚げドーナツ。
ポルトガル風のものをそう呼ぶのだそうだが、ポルトガルの知識がなにもない私には
どこがポルトガル風なのかはうまく説明できないけれど、
とても素朴な、お母さんがむかしおやつにつくってくれた、
ホットケーキの粉を油で揚げて、砂糖をまぶしたものにとてもよくにている。

揚げたてのマラサダは、ふわふわで熱々で、幸せな味がする。

お店はワイキキから車で10分ほどとそれほど遠くはないのだが、
海外では運転しないことにしている私には、誰かが連れて行ってくれない限り、
決してたどり着けない場所と思っていた。

「ホテルからタクシーに乗ってマラサダ、レナードっていえば、連れて行ってくれますよ」
あまりに有名になったから、運転手さんもきっとわかるとその人は笑うけれど、どうだろう。

ふたりでひとつづつ、マラサダを買って、店の外のベンチで食べる。

レナードは、甘いパンばかりを売っている、なんていうんだろう、
パン屋さんとケーキ屋さんの真ん中へんに位置されるお店だ。

ショーウインドーには、それこそ、ザッツアメリカンな、
砂糖菓子でデコレーションされいていたり、
アプリコットとクリームがたっぷりはいっていたりと、
目にもこってりした甘そうなパンが並んでいる。

そして、お店に来るお客さんは、ダースでマラサダだけを買っていく。
多い日には、行列もできてしまうほどだという。

朝は朝ごはんに、
通勤前に立ち寄って、車の中での食べる用に、
午後には、オフィスでおやつに食べるのか、制服姿の女性が、
2ダース買って帰っていく。

みんなマラサダが大好きなんだ。

レナードは家族経営のお店だと、その人が教えてくれた。
ずっと、この場所で、このお店を営んでいるのだと。


マラサダ専門のお店にすればいいのに。
そしたらもっと儲かるんじゃない?
値段も1コ1$くらいにしてもいいと思う。

ABCマートに卸したりとかしてさー。

もっとビジネスチャンスがあると思う。

思いつきをつぎつぎ口にするえげつない私に彼が小さく笑った。


ハワイの人は。

今のくらしが今のまま続けば、それで充分だと思う人が多いんですよ。

何かを大きく変えるということを、望まない。

観光客を相手にビジネスをするのではなく、地元で生きることを選ぶ人が
まだまだハワイには多いんです。

60セントだったマラサダが66セントにしなければいけなくなったことですら、
レナードは胸を痛めていると聞いて、

なんとなく、

自分が恥ずかしくなるとともに、

ハワイのこういうところが好きと思う。

でも、だから、決して、私とハワイの関係は
観光客と観光地 よりも近づくことはないのだろうと、

それをちょっと寂しく思いつつ、事実として受け止める。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-28 00:08 | ハワイ
湿度100パーセントの事務机
b0133476_093777.jpg
浄水をタンクに満たし、スイッチを入れると、スチームを発生させる美容器具がある。

構造は、アイロンの「スチーム」という状態によく似ている。
原理としては、火にかけられたアイロンに近い。

200mlほどの水が、加熱によってスチームになり、程よい噴射圧で放出される。

私が購入したもののひとつは(メーカー違いで2台持っている)プラチナ という、
女性にとっては高級ジュエリーをイメージさせる名前がつけられた、
肌細胞の働きを高める「ナノ微粒子」を含むスチームを発生させる、というものである。

そのスチームに、「ただの水の蒸気」とどれだけの違いがあるかは
いまひとつ謎に包まれている。

女性なら誰でも気付いていることであるけれど、
高価な化粧水でなくても、たとえば水道水でのパッティングや
コットンパックでも、水分は充分肌に潤いを与える。

コスメティックは「夢」や「気分」や「それ以上の付加価値」を加えたものであり、
「保湿」の第一段階とすれば、たとえそれが「ただの水」であっても、
充分価値があるだろう。

もちろん、その水が劣化していたり、肌にダメージを与える、たとえば毒素的なものが
混入していればこの限りではないが、「浄水」であれば、安心に充分かと思う。

つまり、このスチームは、湯気より細かくて気持ちいいというだけで充分の価値がある。


事務所でパソコンに向かうとき、私はこれを傍らに置き、
まず右から、そして左に、と移動させ、
顔まわりにずっと蒸気がある状態にしている。

スチームの熱気は瞬時に冷えてしまうから、
スチームサウナほどの力はないものの、
作業をしながら顔が温かいというのは、不思議な感覚でありつつも気持ちいい。

書類の文字が水滴でにじむ、
この湿度でPC機器は問題ないのだろうか、
という疑問は浮かぶが、
今のところ、大きな問題はないようだ。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-21 00:10 | ビューティ
日にあたらない生活
美白 という美容用語は もはや
「美しくなるためにするべきこと」として女性の通念事項になっている。

肌の色を焼けさせない、しみやそばかすなど肌に黒点をつくらない。

そうして陶器のような、生まれたての赤ちゃんのような、
にごりのないキメ細やかな肌を目指す。


年に数回ハワイへでかけ、
サーフィンをする私は、逆行している、といってもいい。

仕事柄、取材で美容の体験をさせていただくときにも、

乾燥しすぎていると、驚かれ、しかれることもしばしば。

そんな私が、
現状維持と、超乾燥のために使っているもののなかから
よかったものを紹介したいと思います。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-20 11:01 | ビューティ
ファン サーフ
『ビヨンド ザ ブレイク』という、
4人のサーファーガールを主人公にした青春ドラマがある。

アメリカで2006年に放送されたこの番組は
現在、若い女優さんとモデルさんの吹き替えでBSデジタルでTV放送され、
レンタルショップでもDVDレンタルが始まった。

その舞台は、ハワイのオアフ島である。
私の好きなハワイ。

オープニングロールは、ザッツハワイを意識してなのか、
ワイキキの空撮からはじまる。

このところ、サスペンスやミステリー、SFが主流の海外ドラマの中では
異例といっていい青春ドラマは、
ハワイの陽射しとともに、ハッピーな気持ちにさせられる。

主要人物のひとりに
治安の悪い本土のエリアから、酒飲みの母親の元恋人を頼り、
ハワイにひとりで乗り込んできたレイシーという少女がいる。

第一話で、

母の元恋人に拒絶され、
持ち出したクレジットカードを止められた彼女は
生きる手段として、偶然みつけた地元のサーフィン大会に出場しようとする。
優勝すれば賞金5000ドルが手に入る。
しかし、登録料の50ドルが払えず断念する、というシーンがある。

それを見ているときに、ふと、思い出した。


毎回、ハワイでサーフィンをするときにお願いしているガイドの人と
一緒に車に乗っているときに、サーフィンの大会の看板を見つけた。

「いつか、参加するといいですよ」
波に乗るより、飲まれているほうが多い私に、
そんな冗談を彼が言った。
「冗談のつもりはないです。きっと、もっとサーフィンを楽しめますよ。
大会は、波のいい時期に、波のいい場所で行われるから」。

実際、ハワイでは頻繁にサーフィンの大会がある。
参加は(出場料さえ払えれば)基本的に誰でもウエルカムなんだと言う。

私は、級をとるテストも受けたことがないんです。
と言ったら、彼は大きく笑った。
「サーフィンに等級テストがあるなんて、日本だけですよ」。

サーフィンはスポーツじゃない。人生そのものだ。

というのは、サーフィンをやる人なら誰でも一度は感じる思いなのだと思う。
たとえ波に乗っている時間より、巻かれていることが長くても。
そして、きっとそれは、本質。

「プロになるなら別ですが、
サーフィンは海とボードと自分だけの小宇宙ですから。
自分が楽しめていればそれでいい。
価値の基準はそこにしかないんです。そう思いませんか」

彼の言葉に頷く代わりに
私は口の両端をクイと少しだけ上げて笑ってみせた。

楽しめばいい、楽しめていればいい

そういうことを、日々、すっかり忘れていて、
ギスギス、ぐだぐだしていて、

だから、


ふと、誰かに、心地よい声とタイミングで言われると、
心臓のおくを指でそっと押されたような気分になる。



さぁいきましょう。
波に巻かれに。

『ビヨンド ザ ブレイク』公式ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/beyondthebreak/
b0133476_22452120.jpg

[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-10 22:45 | MOVIE&DRAMA
ココロにアロハな風が吹く
私にとって、ハワイが持つ最大の魅力は、
その地を撫でて去る「風」から感じるものなのだと思う。

飛行機のテロップを降り立つとともに感じられる、
湿度の低い、軽やかでやさしい風。
それは、
命を許されているような、
大地に受け入れられているような質感を持ち、
私に感謝に似た気持ちを呼び起こす。

回帰近くの洋上の島々で構成されるハワイは、
1年を通して、ベーリンク海から吹く
トレードウィンド(貿易風)の影響を受ける。
北東から吹くその風は、島に恵みの雨をもたらし、
そこに住む人々の生活を支える一方で、
山々に遮られる南西部には乾いた風と安定した気候を運んでくる。

そして、
この風がもたらす雨は毎日どこかに虹を生み、
「レインボーステイツ」と呼び親しまれるほど、
滞在中には数多くの虹と出会うことができる。

私たちは高い確率で「虹の終点」を見ることもできるし、
日本的に言うと、日ごろの行いがよければ、
夕日に染まった紅色の海に架かる、
完璧な半円を描く虹をしばし見つめることもできる。
それはまさに
神様からの贈り物と信じるに値する美しさ。

初めてハワイを訪れたのは1987年。16歳の夏休みでした。
以来、その風と、その風がもたらすギフトに魅せられて、
何度も過ごしたハワイと、
ハワイ指数が高く注入された私の日常を、
つれづれと書かせていただけたらと思っています。

ゆる~い気分でお付き合いください。

さて。
今日は新月です。
何か、新しいことを始めるときは、
状況が許すなら新月に、と決めています。

静かで、
でも強いエネルギーを秘めた新月は
私に力を与えてくれるような気がするから。

だからこのブログも今日からにさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-06-04 16:14 | つれづれ