アロハなココロで綴る     happydays
by cam-aloha-life
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひろしまめぐり
b0133476_20404010.jpg


3連休をひろしまですごしました。

ひろしまは1885年にハワイへの移民船が出向して以来、
多くの方がハワイへ渡り、
ハワイとの関わりが非常に高い場所です。

太平洋戦争末期には、
広島へのミサイル攻撃がなく、ひろしまの方々は、
ハワイに多くの移民者がいるために、
友好的な理由から攻撃から逃れているとさえ考えていたといわれています。

(実際には、原子爆弾のデータを正しくとるためと、
あとで知られることになりますが…)

今回は、
ひろしまの戦前、戦後の歴史とともに、
現代のアート、文化のあり様、
厳島の視察と
あわただしくも充実した行程でひろしまをめぐりました。


ひろしまのハワイ移住の歴史がわかるデジタル資料館サイトがあります

ご興味のあるかたはぜひ

広島市デジタル移民博物館
http://dms-hiroshima.eg.jomm.jp/top.html
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-07-22 20:52 | TRAVEL
足首で揺れるプルメリアの伝説
b0133476_183897.jpg


これはもともとブレスレットだったものを、
チェーンを5センチほど足してもらってアンクレットに変えてもらったもの。

直径5ミリほどの小さいプルメリアが5つ、細いチェーンのポイントについている。

ショップの人は、

プルメリアの花びらの先端が肌に刺さって痛いのではないか、
と心配していたが、
今のところ、それは大丈夫のようです。


むしろ、本当に繊細で、華奢なつくりなので、
壊してしまいそうで、つけるたびに気になってしまう。

はるか昔、

ポリネシアの島の浜辺で
青年と少女が恋をした。

ある日、青年は海で足に怪我をした。
少女は彼の足首に包帯を巻いた。

その包帯の結び目が、
風に揺れるとプルメリアの花びらのように見えた。

それは海のかなたで波に乗る、彼の目印になった。

毎日、彼女は浜辺で沖に白い包帯の彼を探した。

怪我が治っても彼はその包帯をつけ続けた。
彼女が、浜辺から自分とわかるように。


情熱 気品 という言葉とともに、
内気な乙女 とも 恵まれた人 とも言われるプルメリアの花言葉は

こんなお話からも生まれたのかもしれません。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-07-14 18:53 | ファッション
ハイビスカスカップ
b0133476_15172681.jpg


ワイキキのほぼ1ブロックごとにあるABCストアは、
ツーリストが1日に1度、必ずたちよるコンビニエンスストアだ。

その日のビールやサンドイッチ、
フルーツや卵、
ビーチですごすためのフロートやタオルだけでなく、
化粧品からバスアイテム、
さらにはハワイアナスやクロックスのサンダルまで、
滞在に必要なものは、すべて揃うといっても大げさではない。

ワイキキビーチから2ブロックほど川沿いに入った通りに
フードパントリーという、ワイキキ唯一のスーパーマーケットがあって、
コンドミニアム滞在者は、そこでポキや生肉、ABCストアよりも種類が豊富な
野菜などを買うために利用する。

日本人的な感覚でいうと、コンビニエンスストアは、コンビニエンスなだけに、
商品の値段がすこし割高になっている気がする。

しかし、ABCストアとフードパントリーの関係に限っては
これはあてはまらない。

同じブランドの商品なら、同じ価格であるし、
卵などは、最低価格がABCストアよりも高いものからしか
おいていない日があって、
私は、

この熱い道のりを
高い卵を買いにきたのかと、
愕然としたことがある。


ワイキキにいるかぎり、
ABCストアで売っているものは、ABCストアで買えばいい、ということだ。

さて、そのABCストアでは、
レシートをあつめるとその購入額によってギフトをプレゼントするという
キャンペーンをここ10年くらいのあいだ、ずっと行っている。


おそらく、いちばん安い額て手に入れられるのが、
ABCストアオリジナルのマグカップだ。

ずんどうのカップに、
ハイビスカスやホヌ、ハワイのマップがプリントされた、
ごくごくシンプルなカップだ。

私はこれがとても好きで、
ハワイへいくたびに増やしている。

最終日、空港までのタクシーを待つ間に、
ABCストアによって、
もらえる分だけのマグカップをうけとる。


キャッシャーの女性は、
カレンダーのほうがかさばらなくていいんじゃないか、と
それを差し出すけれど、
私は断然マグカップだ。

これでたっぷりのコーヒーを飲むと実においしく感じる。

このマグカップを手に入れるたびに、
ABCストアで買い物をしているといってもいい。

このマグカップはABCストアで
1ドル75セント(たぶん)で販売している。

でも、私は買うのではなく、
レシートをあつめてこれを手に入れる。
[PR]

by cam-aloha-life | 2008-07-08 15:39 | インテリア